改正建築物省エネ法

国土交通省から重要なお知らせとして改正建築物省エネ法に関する説明義務制度の参考資料が届きました。

令和3年4月に同法が施行になり、建築士は住宅の建築主に対して省エネ性能について書面で説明することが義務付けられるためのものです。


送られて来た資料の中に「ご注文は省エネ住宅ですか」という漫画冊子と日本サスティナブル建築協会が行った「省エネリフォームを実施した居住者の健康への影響調査」が入ってました。


ほとんどの新住協会員にとっては今更感がありますが、これは是非これから住宅を建てよう、あるいはリフォームしようとしている方々に知ってもらいたいです。


でも、この漫画冊子を見るとH28年省エネ基準で説明していて、それだと北国では全館暖房なんかすると、暖房台がとても高くなってしまいます。新住協ではその半分の燃費で暖房できる住宅をQ1住宅と言って普及しようとしています。


また、健康への影響調査はJUUという雑誌の09号にリレー連載として私が書いた「コロナ過とこれからの住宅」でも取り上げています。よかったら買って読んでください。