東台の大屋根

南側外観

南側外観

外壁はスギ。

玄関ホール

玄関ホール

薪ストーブがある玄関。

居間

居間

床は古材のヒバに柿渋塗り。

2階寝室

2階寝室

薪ストーブの煙突が貫通する。

合掌造りの家がいい。

長くお菓子店を経営され、今回3度目の家づくりで、奥様のこだわりが合掌造りでした。

とはいえ法規的に屋根を茅で葺くわけにもいかず、屋根を急勾配にして何層にも床を造るわけにもいかず、このようなカタチとなりました。

落雪型の屋根では敷地に雪をためて置けるだけのスペースが必要で、その距離を見計らいながら住宅の大きさを決めました。

内部には前の住宅で愛着のある建具や欄間を取り入れたり、好きで集めた古材を使用しました。居間の床は古材のヒバに柿渋で仕上げたものです。

 

屋根:HGW350mm、壁:HGW195mm、基礎:防蟻EPS外100+内50)
サッシ:樹脂Low-Eペア
暖房 薪ストーブ+FFストーブ

2014年1月竣工
建設地     大館市
敷地面積 345.79m2
床面積   99.36m2(30.00坪)
設計監理 アトリエ105
施工   有限会社 碇谷建築

秋田県大館市柄沢字狐台54-87

Tel:0186-43-5065

MAIL:tori0505@me.com

(c) 2008. ATELIER105.All Rights Reserved