top of page

以前のブログ「ソファに座って」の過去の記事はこちらをご覧ください「ソファに座って

在工事中のお寺の庫裏の上棟式が行われました。

かつては住宅の棟上でも五色の旗が上がって餅まきが行われていましたが、最近ではほとんど見なくなりました。今回は久しぶりに餅まきも行われ、近所の方々がたくさん集まって餅拾いをしてました。

子供たちにはお菓子も撒かれ、大賑わいでした。





 工事中のお寺の庫裏は6月21日より柱建てが行われています。

大工さん14人で一気に建て方は進められ、22日には林立する柱で埋め尽くされ、梁がかかり始めました。



 現代は大きな地震や災害が多発しており、当地は地震が非常に少ない地域ですが耐震等級2を確保するため、桁上に水平搆面(地震力を壁の耐力壁へ伝える重要な役割)に合板を使用しています。

合板の上には高性能グラスウール105mm3枚重ねで315mmとして、耐震性や環境へ配慮しています。


また、軒を大きく出すために「出し桁」という伝統的工法も採用しています。現代的な工法と伝統工法のハイブリット建築です。




bottom of page